SDGs(持続可能な開発目標)

SDGs

御社のSDGsへの取り組みを上手にアピールする方法

すでにSDGsはあなたのまわりの企業・商店街も始めています!

SDGsは公表してこそ高評価なのです

『持続可能な開発目標・SDGs』取組んでおられる事業所さんも多いのではないでしょうか?
近年、テレビやニュースでよく見かける「SDGs(エスディージーズ)」という言葉。
2015年9月に国連で採択された国際的な貧困や気候変動の問題など17のゴールと169のターゲットからなる国際目標に世界のみんなで取組みましょうという内容です。

“SDGs”積極的な神戸市「国連拠点」を誘致

神戸市の久元市長は先の会見で、首都圏や海外から優秀なスタートアップが神戸に集積すること、SDGsの取り組みを進める大企業の担当部署の神戸進出などを期待するとしており神戸市への期待は非常に大きいものと思われます。事実、市内では講演活動などが盛んに行われており中小企業の取り組みも多くなってきているものと思われます。

いまや教育現場でも取り入れられており、大企業のみならず中小企業や団体においても重要な企業アピールのひとつとしても重要なキーワードになりました。 

そのような課題を他社に先駆けて取組む企業様や団体様に、ぜひその取組みを社外に効果的にアピールをして頂きたいのです。

■なぜSDGsのために消火栓標識とその看板を使うのか?

その1 地域での必要性 

公道上に看板を設置することができるこの赤い消火栓標識は、緊急時のスムーズは消火活動のためだけでなく、道路交通法により違法駐車の取締りにも役立っています。(道交法第45条) 

その2 防災への必要性

防災のために役立つこの標識があることで地域の住民への安全安心な暮らしにもつながります。 

その3 SDGs達成に取組む

看板をつけた企業様にとっては「SDGs」の「11.住み続けられるまちづくりを」の達成に取組む活動にもつながります。消火栓標識の設置と管理は災害に備える強靭な街づくりと安全安心の交通インフラの維持に直結します。これら標識の維持管理は広告看板の設置による収益のみによって賄われております。

■掲載に関してどのようにしたらよいのか?

この度消火栓標識を使って「SDGs」への取組みをアピールしたい企業様の募集を開始いたしました。

営業範囲エリア:神戸市と姫路市 

設置できる場所のお問い合わせや、デザインの提案は全て無料で行います。

遠方のご担当者様には、設置可能エリアの地図とともにリモートによる設置場所のご案内も致しますので、先ずはお問い合わせください。

料金:看板製作費1枚 25,000円(税別)*取付費・書類申請などすべて含む

月広告費:Aエリア7,000円 Bエリア5,500円 Cエリア4,200円(税別)

(場所によって広告料金がABCに分かれます)

契約期間は1年です。

■問い合わせ先と媒体紹介

どのような媒体なのか、最新情報などはインスタのアカウントでチェックしてください!

【 instagram 】 https://www.instagram.com/hyogoshokasenhyoshiki_office/

お問い合わせはDMまたはメールでも受付けしております

【mail】info@hsh-jp.com

【お電話お気軽に】‪078-392-2212
 (平日‪9時から17時まで)

■会社概要
商号  : 兵庫消火栓標識株式会社
所在地 : 〒650-0031兵庫県神戸市中央区東町113番地
設立  : 1971年2月
事業内容: 消火栓標識の設置とそれに関わる広告業
*神戸市と姫路市での消火栓標識の管理を行っています。